彼はなぜ、脱サラして「プラレール」を始めたのか 路線再現で話題のYouTuberを直撃

2019年8月12日 12:00

タカラトミーが販売している鉄道おもちゃ「プラレール」。青いレールを組み合わせた独自のコースにお気に入りの列車を走らせたことがある人も多いだろう。

公式サイトによれば、1959年に発売になってから基本的なモデルチェンジを一度も行っていないというプラレール。子供だけでなく、鉄道好きな大人にとっても親しみ深いアイテムとなり、人気を集めている。

そんなプラレールで実際の鉄道路線を再現している人物がいる。脱サラして参加型展示会「プラフェス」の主催やYouTuberとして活動を続ける松岡純正さん(31)だ。

小田急線を再現。画像は松岡さんのツイートより
小田急線を再現。画像は松岡さんのツイートより

上の画像は2019年7月下旬に行われた小田急電鉄のイベントの際に、プラレールで小田急線全線を再現した時のもの。ネット上では「素晴らしいです」「すげえ」などの声が上がり、松岡さんの活動に注目が集まっている。

Jタウンネット編集部は話題の松岡さんに接触を試みた――。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ