九州名物「棒ラーメン」のカップ麺が存在していた 本家との違いは?マニアが徹底比較

2019年12月 8日 12:00

それぞれ異なるスープの味わい

続いて、カップ麺2種を食べていきます。どんぶり型とタテ型ともに「マルタイラーメン」を冠していますが、両者のセールスポイントは異なっていて、それぞれパッケージに、どんぶり型は「5種の彩り野菜」「カップで味わうマルタイラーメン」、タテ型は「ごま油の香りとカツオの旨みがきいたあっさり醤油スープ」と書かれています。

どんぶり型カップ麺
どんぶり型カップ麺

どちらのスープも豚骨ベースのあっさり醤油味ですが、どんぶり型のスープは醤油が濃く、棒ラーメンと比べるとパンチがあります。棒ラーメンが醤油味とも豚骨味ともつかないのに対し、どんぶり型のスープは明らかに醤油味です。

棒ラーメンが昔ながらの長浜ラーメンなら、どんぶり型は素朴な醤油ラーメンという印象を持ちました。棒ラーメンとはまた違う魅力のあるスープです。

タテ型カップ麺
タテ型カップ麺

一方のタテ型のスープは、どんぶり型に比べるとおとなしい味ですが、棒ラーメンよりもかつおが強めで、こちらは魚介醤油味。あっさりやさしい味です。

両カップ麺とも、棒ラーメンの特徴であるごま油の風味が感じられます。どんぶり型は別添袋でごま油を加えて風味が強いのに対し、タテ型はほんのり香る程度。ごま油が強い分、どんぶり型の方が棒ラーメンに近い味でした。

麺 上:どんぶり型 下:タテ型
麺 上:どんぶり型 下:タテ型

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ