なぜモスバーガーは台湾で受け入れられたのか 上陸から27年、櫻田会長が現地スタッフに語る

2018年4月 9日 17:00

国内のモスバーガー看板が緑色になって久しいが、海外にはいまも「赤色の看板」が残る地域がある。なかでも出店数が多いのが台湾だ。実はこの地は、モスフードサービス(以下、日本MOS)が初めて海外進出したエリア。櫻田厚会長(66)が海外事業部長だった90年代当時、現地に赴任して、みずから陣頭指揮を執った「思い出の地」である。

キャストミーティングでの記念撮影(以下、2018年3月23日Jタウンネット撮影)
キャストミーティングでの記念撮影(以下、2018年3月23日Jタウンネット撮影)

台湾1号店オープンから27年。同社は2018年3月、台湾の店舗キャストを対象とした「キャストミーティング」を行った。そこへJタウンネットK編集長も同行し、日本発のモスバーガーが、海を越えた台湾で、どのように受け入れられているのか取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ