恐竜ホテルに恐竜ポスト、恐竜マンホールまで...! 福井県が完全に「日本のジュラシック・パーク」化していた

2020年10月30日 14:00
提供元:福井県

添い寝の相手は...恐竜?

恐竜探索を終えた筆者。旅の始めに降り立った福井駅に戻ることにした。

歩き疲れた筆者を迎えてくれたのは、福井駅から徒歩約10分のところにある「ホテルリバージュアケボノ」である。

ホテルリバージュアケボノ、外観
ホテルリバージュアケボノ、外観

福井の市街地を流れる足羽川に近く、ファミリーやカップル、ビジネスマンに人気が高い。さらに「流石、恐竜王国!」と、観光客から人気の部屋がある。

それは、恐竜ルームである。

恐竜ルーム
恐竜ルーム

部屋のいたるところに、恐竜がいる。壁面には恐竜のシルエットや絵画が飾られ、ベッドカバーには恐竜のたまごがあしらわれている。

たまご型のケースが!
たまご型のケースが!

さらにテーブルには、たまご型のケースが置かれている。なんだろう、そう思って蓋を開けてみると...。

持ち帰り可能
持ち帰り可能

なかに詰まっていたのは、恐竜のおもちゃだ。持ち帰り可能で、自宅にも恐竜の「足跡」を残すことができるようだ。親子で宿泊したら、子供が喜ぶこと、間違いなしだ。

恐竜とふれあい、恐竜の歴史を学び、恐竜グルメも食べて大満足だ。あとは寝るだけ...。

みなさん、いかがだったろうか。これが「恐竜王国」を冠する福井県である。

「ねぇパパ、私ね...恐竜に会いたいの」

もしお子さんにこう言われたら、今回の記事で紹介したルートを参考に、福井の恐竜スポットをめぐってみてはいかがだろうか。

福井県は、未来の恐竜博士を待っている。

<企画編集・Jタウンネット>

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
あれこれ ワードスプリング
京都あやべ「ねじっとくん」チャンネル
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ