ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
あの時はありがとう
グルメ
地域差・ランキング

どらやきには「どらやき用」、最中には「最中用」 同じ店の和菓子でも中の「あんこ」は別物だって知ってた?

井上 慧果

井上 慧果

2021.09.24 20:26

あんこの「粒感」や「糖度」が違う

では実際はどうしているのだろう?

はこだて柳屋は、もう1枚こんな画像を投稿している。

専用のあんこ(画像ははこだて柳屋公式ツイッターより)
専用のあんこ(画像ははこだて柳屋公式ツイッターより)
「お菓子によって、あんこの『粒感』や『糖度』が違ってくるので、作るお菓子に合わせて『専用のあんこ』を作っています」

なんと、どらやき専用、最中専用、きんつば専用、大福専用、といった感じで、菓子ごとに異なるあんこを製作しているのだ。

このつぶやきには、多くのツイッターユーザーが衝撃を受けたようで、こんな声が上がっている。

「知りませんでした 想像よりずっと手間隙かかってる」
「確かに食感違うもんな、、」
「今まであんこのこと甘く見てました...」
「なるほど 市販の餡子でお菓子を色々作っても同じような味にしかならないのはこの為か」

Jタウンネット記者も、つぶあんやこしあんといった種類はあれど、まずたくさんのあんこを作って、それを色んな菓子に使っていると思っていたので、大いに驚いた。

そこで22日、このツイートを投稿した「はこだて柳屋」のツイッター担当者を取材し、話を聞くことにした。

「和菓子のことを知ってもらうきっかけになれば」
続きを読む
PAGETOP