肥料にしか見えないスナックが栃木で爆誕していた 一体どんな味?実際に食べてみると...

2020年8月 9日 11:00

農業や園芸で使用される「鹿沼土」。園芸をやっている人ならば一度は耳にしたことがあるだろう。栃木県鹿沼市から産出される軽石で、通気性、水はけ・水もちのバランスに優れている。特にサツキと相性が良いことでも有名だ。

ツイッターでは、そんな鹿沼土が食べられる「スナック」になったと話題になっている。

鹿沼土が食べられる...?(画像はなぐもわーぬ@nagumo_workさん投稿)
鹿沼土が食べられる...?(画像はなぐもわーぬ@nagumo_workさん投稿)

その名も「鹿沼土みたいなスナック」。名前の通り、鹿沼土のような見た目をしたスナック菓子だ。

ツイッターユーザーのなぐもわーぬ(@nagumo_work)さんは2020年7月21日に、このスナックの画像を投稿。スナックをビニールポット(プラスチック製の植木鉢)に入れ、本物の鹿沼土をブレンドした土と並べている。植物を植えているのが本物の鹿沼土、植えてないものがスナックだが...そっくりすぎてほとんど見分けがつかない。

どれが本物?(画像はなぐもわーぬ@nagumo_workさん投稿)
どれが本物?(画像はなぐもわーぬ@nagumo_workさん投稿)

ツイッターではこのリアルな鹿沼土スナックに対し、

「ビックリしました。家に本物の袋入り鹿沼土があるので」
「本家本元の方に『食べられません』の注意書きが必要になってくるような気配www」
「鹿沼土ということは、やはり酸性で酸っぱいのだろうか......」

といった声が寄せられている。普段から園芸で鹿沼土を使用している人は、食べるのに少々勇気がいるかもしれない。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ