さすが大阪! 阪神百貨店の「前方後円墳フードフェア」が想像以上にシュールだった

2019年6月26日 11:00

ユネスコの世界文化遺産登録が決定する見通しの「百舌鳥・古市古墳群」(大阪府堺市)。

決定すると大阪では初の世界遺産だ。そんな中、大阪・梅田の阪神梅田本店(阪神百貨店)では、大阪初の快挙をデパ地下から応援しようとある企画を始めた。

2019年6月21日からスタートした「前方後円墳フードフェア」だ。代表的な形である前方後円墳型の食品を7店舗で販売する。

文字だけでは今ひとつ実態がつかめない。写真を見てみると――。

「肉の匠いとう」前方後円墳ステーキ(100グラム)
「肉の匠いとう」前方後円墳ステーキ(100グラム)

なんとも、ゆるい。価格は100グラム1080円(税込)とお手頃だ。

このほかにも、おおよそ世界遺産と関連づかないユニークな姿の商品が目白押しだった。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ