群馬県民「大河ドラマの舞台がいよいよ群馬に!」→未開の地のような演出に「......」

2015年10月14日 11:00

吉田松陰の妹・文の人生を描いた2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」は、10月11日の41話から舞台を群馬に移した。
山口で隠居同然の暮らしをしていた楫取素彦(かとりもとひこ)。群馬の近代化をリードできる人材として、明治政府から県令(今の知事)に任命される。義妹の文は、楫取一家と共に数百キロ離れた地に転居するが、そこで待ち受けていたものは――。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ