関西風のすき焼き、実はマイナーな食文化? 全国的に「煮る」派が優勢...大阪人も「わざわざ焼かへん」

2020年5月15日 06:00

ご馳走の定番「すき焼き」。皆さんのご家庭ではどうやって作っているだろう。

兵庫県出身の筆者の実家ではまず、まずすき焼き鍋で牛肉を焼き、砂糖・醤油・酒で味付けする。その後ネギや焼き豆腐などの具材を加えていくのだが、野菜から水分が出て徐々に煮物っぽくなっていく。

ヤマサ醤油(千葉県銚子市)の公式Facebookページ「すき焼きクラブ」によると、これは「関西風」のすき焼きらしい。

関西で牛肉を使ったすき焼きが創作されたのは、明治時代。その頃東京では、味噌で味付けた「牛鍋」が流行していたそうだ。専門店も次々とオープンしていたが、1923年の関東大震災で被害を受け、閉店してしまった店が多かったという。

その後、関西のすき焼きが関東に伝わり、肉と野菜をわりしたで煮込む牛鍋風の関東風すき焼きができたそうだ。

しかし、中には関東出身でも「関西風」のすき焼きしか食べたことがない、という人もいるようだ。そこで、Jタウンネットでは2020年1月14日~20年5月11日の期間、「すき焼きといえば『煮る』?『焼く』?」をテーマにアンケートを実施した。投票総数は962票。

はたして、すき焼きの作り方に地域差はあるのだろうか。

アクセスランキング
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ