BAKUBAKUさんぽ(大阪編)

2018年1月12日 18:27

◎中之島〜北浜
徳川と豊臣の大阪の陣の後に、大阪屈指の豪商、淀屋常安によって開発された場所で、大阪湾から遡上する安治川と木津川の分岐点でもあることから、全国各地から物資が集まる「天下の台所」といわれるほどの大阪の中枢を担った歴史があるんだよ。現代では、大阪の商業やビジネスの中心地として超高層ビル群が林立し、河川沿いにはオープンカフェなど、おしゃれなお店が若者達の人気を集めているよ。また美術館やレトロな建物もあって、散歩やサイクリングに楽しめるエリアだよ。

sanpo_osaka2_01.jpg

sanpo_osaka2_02.jpg

◎大阪市立中央公会堂
通称、中之島公会堂。明治44年に株式仲買人の岩本栄之助の寄付を基に建築計画が立てられ、設計はコンペ形式で行われたんだって。建築家辰野金吾などが実施設計を行い大正7年に完成したそうだよ。コンサートや会合などの他、アインシュタインやヘレン・ケラー、ガガーリンなど歴史的な人物の講演も行われたんだ。日本有数の公会堂建築として2002年に国の重要文化財に指定されているよ。

sanpo_osaka2_03.jpg

◎国立国際美術館
アルゼンチンの建築家シーザー・ペリが設計した斬新な外観が遠くからでも目立っていたよ。銀色のパイプは「竹」をイメージしているんだって。アンディ・ウォーホルや草間弥生など国内外の現代美術を中心としたコレクションの展示をしているよ。美術館自体はすべて地下(地下1階がエントランスや講堂など、地下2階3階が展示スペース)にある、とても珍しい美術館だよ。

sanpo_osaka2_04.jpg

◎適塾
江戸時代後期に蘭学者で医者の緒方洪庵が船場に開いた蘭学の私塾で、正式には、洪庵の号である適々斎に因み「適々斎塾」というそうだよ。塾を開いていた25年の間に全国から約3千人の入門者が集まり、残っている塾生自筆の名簿には636名が記載されているんだ。漫画家手塚治虫の曾祖父・手塚良仙も塾生として学んでいて、「陽だまりの樹」という作品に描かれているから機会があったら読んでみるのもいいかもね。福沢諭吉や大鳥圭介など多くの優秀な人材を輩出し、塾生はその後さまざまな形で医学の発展に活躍したんだ。

sanpo_osaka2_05.jpg

sanpo_osaka2_06.jpg




sanpo_osaka2_07.jpg





みなさんの日常にある"不安"や"モヤモヤ"について、BAKU BAKUが解決策を提案しています。
詳しくは、BAKUBAKUヴィレッジ公式サイト をご覧ください。
BAKUBAKUヴィレッジ  http://www.orixlife.co.jp/bbv/

BAKUBAKUヴィレッジ

BAKUBAKUヴィレッジは、「人の不安を食べて安心に変える」ことを特技としているBAKU BAKU(バクバク)が、ユーザーから投稿された日常にある”不安”や”モヤモヤ”を安心に変えるために、仲間たちと一緒に独自の解決策を導き出していくコミュニケーションサイトです。そのほか、BAKU BAKUがオススメする日本全国の名所やグルメ、気になるモノ・コトも紹介中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで BAKUBAKUヴィレッジ をフォローしよう!

秋田県 最新記事
2018/10/22

2020年東京オリンピックに向けて工事が進む新国立競技場。そのすぐ側にある「ちゃんぽん」の名店「水明亭」が2018年10月31日に閉店する。 国立競技場や...

2018/10/22

テレビ朝日系列のバラエティー番組「マツコ&有吉 かりそめ天国」で、「アーティストの全国ツアーがウチの県には全然来てくれない」という話題が取り上げられた。2...

2018/10/21

2018年のプロ野球はレギュラーシーズンが終了。セ・パ両リーグの優勝チームが決まり、ポストシーズンへと突入した。レギュラーシーズンと日本シリーズの2回チャ...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
KitaQ
KitaQ
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ