ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
マンガ

「富士急のお化け屋敷に1人で入った小5の私。結果的に、近くにいたお兄さんを怖がらせてしまって...」東京都・40代女性)

大山 雄也

大山 雄也

2022.06.19 08:00

シリーズ読者投稿~あの時、あなたに出会えなければ~ 投稿者:Aさん(東京都・40代女性)

Aさんは小学校5年生の頃、自治体のイベントで富士急ハイランドへと出かけた。

富士急ハイランドといえば絶叫マシンの宝庫だが、Aさんはジェットコースターが苦手。そこでみんながジェットコースターに乗っている間、1人でお化け屋敷に入ってみたのだった。

1人でお化け屋敷に出かけた(画像はイメージ)
1人でお化け屋敷に出かけた(画像はイメージ)

<Aさんの体験談>

小学5年生の頃、自治体のイベントで富士急ハイランドに行きました。

富士急ハイランドは絶叫マシンが有名ですが、私はジェットコースターが苦手。そこで、みんながジェットコースターに乗っている間、1人でお化け屋敷へ。あとで「1人でお化け屋敷に入ったこと」を自慢したかったんです。

途中で恐怖の絶頂に......

お化け屋敷に入ってしばらくは平気だったのですが、途中からいきなりお化けが飛び出してきて恐怖は絶頂に!

そして私は何を思ったのか、近くにいた大学生のお兄さんの洋服にしがみついてしまいました。

近くにいた大学生にしがみついた(画像はイメージ)
近くにいた大学生にしがみついた(画像はイメージ)

考えてみたら、お化け屋敷でいきなり誰かにしがみつかれるなんて、お兄さんも怖かったと思います。

でも、お兄さんは出口までそのままでいてくれました。

出口で明るくなると、私は恥ずかしくなってしまいました。それでパッと手を放して、顔も見ずにボソッとお礼を言って走り去ってしまい......。今思うと、なんて恩知らず。

あの時のお兄さん、ありがとうございました。

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」、聞かせて!

名前も知らない、どこにいるかもわからない......。そんな、あの時自分を助けてくれた・親切にしてくれた人に伝えたい「ありがとう」を心の中に秘めている、という人もいるだろう。

Jタウンネットでは読者の皆さんの「『ありがとう』と伝えたいエピソード」を募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージメール(toko@j-town.net)から、エピソードを体験した時期・場所、具体的な内容(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談を編集して掲載しています。あらかじめご了承ください)

PAGETOP