ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

タワシにするなんてもったいない! 沖縄では、ヘチマはゴーヤ並みに人気の「夏野菜」らしい

井上 慧果

井上 慧果

2021.06.30 06:00

沖縄の夏野菜といえば、ゴーヤを思い浮かべる人が多いだろう。

沖縄で、そんなゴーヤと並ぶ人気を誇る夏野菜がある――。

そんなつぶやきを、ツイッターで発見した。

その野菜とは「ナーベーラー」だ。

爽やかな緑色(画像は保里安則@horiokinawaさん提供)
爽やかな緑色(画像は保里安則@horiokinawaさん提供)

投稿者は、沖縄生まれ沖縄育ちのツイッターユーザー、保里安則(@horiokinawa)さん。

写真に映っているのが問題の「ナーベーラー」だ。

神奈川生まれのJタウンネット記者には聞き覚えのない名前だ......と思ったが、実はこれは「ヘチマ」だそう。

保里さんは

「沖縄の夏野菜と言えばゴーヤーが有名ですが、地元で双璧の人気を誇るのが『ナーベーラー』(へちま)
味噌汁や炒め物で食べますがトロトロだけど粘り気の無いアッサリした食感が夏の食卓にピッタリです。繊維の塊なのでお通じにも大変効果的な健康食品なのでタワシにするなんて勿体ないですよ!」

とツイートしている。

太いキュウリやズッキーニのようにも見えるが、やはり同じウリ科であるヘチマ(ナーベーラー)も似た味わいなのだろうか。ヘチマというと、どうしても乾燥していて体をこするために使うタワシのイメージが浮かんでしまい、食感や味をなかなか想像できない。

しかし、保里さんの投稿によれば「アッサリした食感」とのことで、夏バテで食欲がなくなりがちなこれからの季節でも食べられそう。とても気になる......。

Jタウンネット記者は22日、投稿者の保里さんを取材し、話を聞いた。

「子どもの頃から普通に食卓に」
続きを読む
PAGETOP