ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

「木の葉丼って何?」 関西人「えっ、木の葉丼知らんの? 全国区違うの?」

Jタウンネット編集部

Jタウンネット編集部

2014.04.18 18:17

牛丼・うどん・親子丼チェーンの「なか卯(う)」(大阪市淀川区)が2014年4月16日に発売したのが、「木の葉丼(このはどん)」(並盛450円)だ。

「木の葉丼」(なか卯のウェブサイトより)
「木の葉丼」(なか卯のウェブサイトより)

木の葉丼? いったいなんだそれは、葉っぱでも入ってるのか――と思った方も多いかもしれないが、関西では親子丼や牛丼ほどの知名度はないけれどもよく知られている丼物。

一般的な木の葉丼は玉子丼の一種で薄く切ったカマボコやシイタケなどが入っているが、今回のメニューは油揚げとごぼう入りのさつま揚げが使われている。

名前の由来は、かまぼこを木の葉に見立てたという説や、ミツバ(三つ葉)が入っているからという説があるがはっきりしない。本物の木の葉が入っていないことは確かだ。

とはいえ、関西以外の地域では比較的マイナーなことは否めない。2ちゃんねるのスレッドでは、「謎の食い物」とまで書かれてしまった。こうした反応に初めて、関西出身者にはローカルな食べ物だと気付いた人も少なくなかったようで、

ちなみに京都ではよく似たメニューとして「衣笠丼」が知られている。甘辛く炊いた油揚げと九条葱を卵でとじた丼物だ。こちらもなか卯で販売されていたが、木の葉丼と入れ替わりになる形で取り扱いを終えている。いずれにせよ、関西ローカルの味を積極的に展開するなか卯らしい。

なか卯の木の葉丼については、「美味だった。関西の味を広めてほしい」という声もあれば、「自分の知っている木の葉丼と違う!」と主張する人も。

PAGETOP