ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

知る人ぞ知るローカル袋麺「チャンポンめん」 あっさりやさしい独特の魅力に迫る

オサーン

オサーン

2019.09.01 12:00

麺はやや油で揚げた匂いが

イトメン製品で使われる麺は、風味を損ねるでんぷんをなるべく少なくしているとのこと。でんぷんを少なくすることで他社の麺に比べて弾力やつるみが弱くなる欠点がありますが、麺本来の小麦の味を活かした麺になっています。また、麺にほとんど味付けが施されていないのも特徴で、ほぼ小麦を油で揚げただけです。

他社製品だと麺に味付けを施すことでスープの味とよく馴染むようにするのに対し、チャンポンめんは麺にほぼ味がつけられていないため、主張の強くないスープの味と相まって、麺の油で揚げた匂いが少し感じられてしまいます。これを昔懐かしい香ばしさと取るか、スープの味の邪魔をしていると取るかは人それぞれでしょうか。

中細で縮れのついた油揚げ麺
中細で縮れのついた油揚げ麺

袋麺の麺は「無塩製麺」という大きな特徴があります。インスタント麺では非常に珍しい塩を使っていない麺が使われています。その分、塩分も低くなっており、麺に塩が使われているカップ麺の方がスープの塩味を強く感じられた大きな原因となっています。

また、袋麺の方が麺がひとまわり細いです。そのため、油揚げ揚げた匂いも弱めに留まっており、カップ麺とは大きな違いがみられました。麺で選ぶなら袋麺の方が良さそうです。

具は種類が豊富でボリュームもある
続きを読む
PAGETOP