秋葉原駅の巨大モニタ、3日間「ブルースクリーン」続く異常事態 何があった?JRに聞くと... 

2019年8月27日 18:00

不具合には気づいていたが...

ツイッターユーザーのツルミロボ(@kaztsu)さんは、ディスプレイの写真とともに「もう三日間くらいずっとこのままなんだけど、JR秋葉原駅の皆さんはどんだけこいつに関心ないの」と投稿。謎の画面に対し、リプライ欄には、

「暑いから背筋を凍らせて涼しくさせてるんでしょう」
「秋葉原駅だったら、画面消して『調整中』と貼り紙貼るより、このままの方が意味が分かるし、ディスプレイにも優しいという判断では?」
「もしかしたら駅員が、秋葉に来るオマエラはブルースクリーンってトラウマになってて好きやろ?って観光名物にさせたいのかもw」
「え、そう言う広告だと思ってた『こうなる前に買い換えよう!そう、ここは秋葉原電気街だよ!』」

と、電気街のある秋葉原ならではの予想が相次いだ。

本来の姿
本来の姿

ディズプレイはもともと広告などを表示するもの。24日昼頃に秋葉原駅の係員がこの状態のディスプレイを発見し、管轄しているグループ会社に連絡したが、手配に時間がかかってしまったとのこと。復旧したのは26日昼頃だという。

このような画面が出てしまった理由としては、

「この表示を出す大元の方に不具合があったためです。大変ご迷惑をおかけいたしました」

としている。

ツイッターを見る限り、ブルースクリーンが出るという状況はこれまでにも何度があったようだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ