電車の窓から瀬戸内海を一望! 神戸人が全力でオススメする絶景路線とは

2019年7月21日 17:00

「この景色は日本1番やと思いますね」


けーじぇー(@199x_ka)さんのツイートより
けーじぇー(@199x_ka)さんのツイートより

このツイートにはこんな反応が。

通学で使用していたという人からは「この景色のおかげで3年間乗り切れた」との声も上がり、地元民を中心として沿線の景色を誇る声が寄せられている。

けーじぇー(@199x_ka)さんのツイートより
けーじぇー(@199x_ka)さんのツイートより

けーじぇー(@199x_ka)さんのツイートより
けーじぇー(@199x_ka)さんのツイートより

海沿いを走り、「シーサイドエクスプレス」との愛称でも知られる山陽電車。

Jタウンネット編集部が2019年7月19日、山陽電鉄の広報担当者に沿線の絶景について聞くと、山陽明石駅から山陽須磨駅間はJR神戸線と並んで走っている山陽電車が若干高い場所を走ることになるため、瀬戸内海を一望しやすいのだという。

特に上記区間内にある「滝の茶屋駅」はホーム上でも景色が堪能できるためオススメとのこと。ツイッター上でも訪れた人からこんな声が上がっている。

沿線には須磨海水浴場やアジュール舞子海水浴場といった海水浴場もあり、夏場の行楽シーズンにはかなりの賑わいを見せるそうだ。

ぜひまだ訪れたことがない人は山陽電車に乗って絶景を堪能しつつ、夏を楽しんでほしい。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ