ダジャレ&パロディだらけ!爆笑の八百屋POP 「普通じゃつまらない」店長のマジメな狙い

2019年2月 4日 12:00

テンションがおかしい八百屋がある――。ある日、そんなオモシロ情報を入手したJタウンネット編集部。

ユニークな文言のPOP(以下写真は2019年2 月1日、Jタウンネット編集部撮影)
ユニークな文言のPOP(以下写真は2019年2 月1日、Jタウンネット編集部撮影)

こちらの写真のように、オクラを紹介するPOPが、

「オクラがおきあがり仲間になりたそうにこちらを見ている(仲間にしてあげますか?)」

と、なぜかド●クエ風の文言に仕上がっている。「はい」の次には値段が描かれ、「いいえ」の次には「人生そんな甘くない」と辛口のコメントが添えられている。

いったいこのPOPはなんなのか。ふざけてるのか、それとも大真面目なのか...。Jタウンネットは早速、話題の八百屋を直撃した。

「普通のPOPだとつまらないじゃないですか」

「人生なめずにこれ食べて」(なめこ)
「人生なめずにこれ食べて」(なめこ)

ネット上でも話題のその八百屋は、「フレッシュランド ベジマル」仲宿商店街店(東京・板橋区)だ。野菜を紹介するPOPの数々は、もはや「芸術作品」との声も上がっている。2019年2月1日、JタウンネットがPOP制作者の伊藤慶店長に話を聞くと、

「(仲宿商店街店で)本格的に始めたのは去年の12月中旬ごろからです。使い回しも多いんですが、気分で変えるときもあるし、商品の値段が変わるときに新しく作ります。アイディアは適当ですよ」

とのこと。

「普通のPOPだとつまらないじゃないですか」という伊藤店長。仲宿商店街店では18年の12月に伊藤店長が着任してから本格的にPOP作りを始めたそうだ。しかし、ユニークなPOPを出すことに関しては、

「(お客さんの)年齢層も違うのですごい不安ではありましたけどね(笑)」

と心境を語った。

実際にお店を訪れたお客さんからもPOPに関する反応は「最近までぜんぜんなかった」そうで、今回ネットで話題になったことも「なんで話題になったのかもわからないです」と首をかしげた。

「せとかに会えて、本当によかった」(せとか)
「せとかに会えて、本当によかった」(せとか)

当初は見切り商品を売りさばくために苦肉の策として考案。商品以外のところでどうインパクトをもたせるか試行錯誤した結果が今のPOPにあらわれているという。

恥ずかしそうにしながら写真撮影に応じた伊藤店長
恥ずかしそうにしながら写真撮影に応じた伊藤店長

今回話題になったことを受けての感想を聞くと、

「やりにくくなりましたよ(笑)」

と照れながらそう答えた。そう言わず、これからものびのびと創作に励んでもらいたい。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ