観光も防災も、あなたの生活も変わるかも? ひろしまサンドボックスが「データ連携」プロジェクトで目指す未来

2020年10月13日 16:30
提供元:広島県

「はりきってサイクリングに来たけど、お土産がリュックに入らない(涙)」

そんな悲しい経験、あなたはないだろうか。流れゆく景色を楽しみながら自転車で颯爽と駆け抜ける...さぞ気持ちいいだろうが、当然ながら多くの荷物は持てない。欲しいお土産があっても、泣く泣く諦めざるを得ないこともあるだろう。

しかし近い将来、そんな思いをしなくていい日がやってくるかもしれない。

広島県の実証実験プロジェクト「ひろしまサンドボックス」では、農業、水産業、観光、交通、製造業といった各産業分野データの利用を促進する「データ連携基盤」プロジェクトを進めているからだ。

「データ連携基盤?」
「何のために??」
「そもそも、サイクリングやお土産と何の関係が???」

...読者の多くは疑問だらけだろう。

「データ連携基盤」はいわばデータのプラットフォーム。政府、地方自治体、各企業や研究機関などが、それぞれの持つデータを公開し共有する場だ。そこで共有されたデータを相互に活用することで、新たなビジネスやサービスが生まれるきっかけになる。

データカタログサイトのトップページ
データカタログサイトのトップページ

県が注力しているデータ連携基盤とは何なのか、それによってどんな未来が実現されるのか――さっそく見ていこう。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ