浅間山と聞いて思い浮かべるフレーズで、何県民か分かるらしい

2019年8月 8日 20:00

2019年8月7日に発生した、標高2568メートルの活火山・浅間山の噴火。噴火警戒レベル3、入山規制がかかるなど、緊迫した状態が続いている(8日19時時点)。

そんな中、ツイッターでは注目されているある2つの言葉がある。

郡馬県と長野県の県境にある浅間山をどう表現するかで、どちらの県民か分かってしまうというのだ。

群馬と長野にまたがる浅間山(画像は気象庁のサイトより)
群馬と長野にまたがる浅間山(画像は気象庁のサイトより)

「浅間のいたずら鬼の押出し」
「浅間はことに活火山」

両方とも聞いたことない...という人もいるだろう。いったいこれは何を意味しているのだろうか――。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ