<東京暮らし(2)>「モネ それからの100年」展

2018年7月31日 17:00

<文 中島早苗(東京新聞情報紙「暮らすめいと」編集長)>

   今月は東京都心からもほど近い、横浜美術館で開催されている美術展「モネ それからの100年」(9月24日まで)を見に行って来た。

   主催は私が編集している情報紙「暮らすめいと」の発行元、東京新聞ほかで、本紙面でも告知を何回かにわたり掲載している。

横浜美術館で開催中(筆者撮影)
横浜美術館で開催中(筆者撮影)

   日本人が大好きなクロード・モネは、美術展が繰り返し開催されてきたし、国内の美術館で作品の幾つかを見ることができるが、今回のモネ展はテーマがちょっとおもしろい。モネが初期から晩年に描いた絵画25点と共に、20世紀及び現在活躍中の国内外の代表的アーティスト26人の作品を展示。モネの革新性と、その後のアーティストに与えた影響、時代や地域、ジャンルを超えたつながりを見出すというのがそのテーマである。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ