目指せ採用! 東京五輪エンブレムに、ド素人の編集部員が応募してみた

2015年12月 6日 11:00

2020年東京五輪・パラリンピックの大会エンブレムの再募集がスタートした。以前より開かれた形での公募になったため、職業デザイナー以外からの応募も多いとみられる。そこで今回は、ずぶのデザイン素人であるJタウンネット記者が、エンブレム作りに挑戦してみた。

作成に挑むJタウンネット記者。肩の湿布がめくれている。
作成に挑むJタウンネット記者。肩の湿布がめくれている。

「エンブレム」は、オリンピック用とパラリンピック用の2種を用意しないといけない。その構成要素は、メインになる「トップエンブレム」と、都市名と開催年の「ワードマーク」、おなじみの「オリンピックシンボル・パラリンピックシンボル」の3つだ。トップエンブレムを作るのはもちろんだが、ワードマークも独自の書体を用意しないといけない。

エンブレム案の図解

手書きでは応募できず、「描画ソフト(種類は問いません)」によって画像を作成する必要がある。「描画ソフト」の定義がわからないが、ウィンドウズ標準の「ペイント」では不安だったので、アドビの「Illustrator」(通称イラレ)で作ることにした。イラレを初めて触ってから、わずか1か月の記者。本当に大丈夫か?

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ