新型コロナを40年前に予言? 話題の和製パニック映画「復活の日」を見てみました

2020年3月13日 20:00

「マスクしろ! 緒形拳」

「復活の日」角川映画 THE BEST[Blu-ray](画像はAmazonより)
「復活の日」角川映画 THE BEST[Blu-ray](画像はAmazonより)

まず、主役の南極越冬隊員・吉住を演じるのは、草刈正雄だ。大河ドラマ「真田丸」のふてぶてしいクセモノ・真田昌幸や、テレビ小説「なつぞら」の温厚な牧場主の、草刈ではない。40年前の草刈正雄は、本当にさわやかでイケメンだったのだ(今の草刈さんもかっこいいですが...)。

主人公の恋人役・多岐川裕美は看護士として、ウイルス感染の患者が殺到する病院に勤めている。そこで懸命に働く医師を、故・緒形拳さんが熱演しているのだが、そこがまず突っ込みどころだ。

緒形さんはマスクも手袋もしていないのだ。

「マスクしろ! 緒形拳」
「防護服はどうした?」

と声をかけずにはいられなくなる。

40年前には、防護服はもちろん、マスク、手袋をするという感染防止の基本も、配慮されていなかったのだろうか。それとも、やはり品薄のため、マスクが手に入らなかったという設定だったのだろうか。

診察途中で倒れた緒形さんは、控室に連れて行かれるのだが、そこには数多くの医師が倒れていて、まさに医療崩壊の様子が描かれていた。

南極越冬隊員の中には、千葉真一もいる。現在は、息子の新田真剣佑や眞栄田郷敦の方が人気があるのかもしれない。40年前の真一パパもけっこう渋い中年だ。千葉真一って、いったいいくつなのだろう、と驚くばかりだ。

もっと驚くのは、外国人のキャストの豪華な顔ぶれだ。

アメリカ大統領役にグレン・フォード、上院議員にロバート・ボーンだ。南極アメリカ隊の提督をジョージ・ケネディ、少佐をボー・スベンソンが演じている。南極ノルウェイ隊の女性隊員は、オリビア・ハッセーだ。

英語だけのシーンが延々と続き、まるでハリウッド映画か、と思わせるほどだ。いったい出演料だけでいくらかかったのだろう、と余計な心配をしたくなる。

ちなみに、主題歌はジャニス・イアンの「ユー・アー・ラブ(Toujours gai mon cher)」だ。

監督は深作欣二、撮影は木村大作、そして製作は角川春樹だ。スタッフの方も思い切り豪華だ。南極ロケも敢行したという。角川映画の超大作で、製作費もふんだんにかけたようだ。

1980年ころの日本は、バブルで、景気良かったのだな、と突っ込みたくなる。

「復活の日」が気になる方は、やはり実際に観ていただくのがいちばんだろう。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ