じわじわ進む、地方行政のAI導入 ドコモが描く未来とは

2018年5月24日 11:00

インターネットを初めとしたITに関わる技術は、今や我々の生活になくてはならないものとなっており、「AI」という言葉を聞く機会も増えてきた。AIとは「Artificial Intelligence(人工知能)」の略語だ。面接サービスの「SHaiN」や、専用アプリを用いて買い物を行う無人コンビニ「Amazon GO」など、AIに関する技術の応用は進んでいる。

実はこうした動きは企業間のみならず、地方自治体にも広まっている。AIを用いたサービスを地方自治体に導入している会社の1つが、携帯電話会社のNTTドコモ(東京都千代田区・以下ドコモ)だ。Jタウンネットは、ドコモがAIを通して、どのように地方創生を進めようとしているのか取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ