麻雀漫画の主人公たちは、どんなタバコを吸っているのか調査してみた【前編】

2017年1月27日 11:00

「苦い」タバコもしっかり描く福本作品

福本作品では、そんな「かっこいい」タバコだけではなく、「苦い」タバコも登場する。

麻雀漫画ではないが「カイジ」で、主人公の伊藤開司(カイジ)が吸うのは、だいたいこの口。ピンチに陥りながら、懸命に自分を落ち着けるように(「沼」編とか)、あるいは憂鬱な気分を紛らわすように、苦い顔でタバコを吸う場面が目立つ(銘柄はこちらも「マルボロ」)。

「カイジ」とマルボロ。地下での強制労働中、仲間たちとタバコを共同管理して耐える場面が印象深い
「カイジ」とマルボロ。地下での強制労働中、仲間たちとタバコを共同管理して耐える場面が印象深い

「天」通夜編で、無為な日々を送る井川ひろゆきの喫煙シーンも印象深い。麻雀の道を諦めてサラリーマンとなったひろゆきが、散らかった一人暮らしのアパートで、スーツ姿のまま「キャスター」をぽつんと吸う姿は、老け込みぶりと、その停滞がよくわかり、見ているこちらが悲しくなってくる。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ