地方移住で夢の「1か月10万円」生活!...のために必要な貯金額は「×××万円」

2015年1月 1日 17:00

削れる支出項目は意外と少ない

●毎月の生活費
田舎暮らしを夢見ている人の中は「東京よりは生活費が下がる」と思っている人がいるかもしれない。基本的にはしかし、その差はわずかと中里さんは話す。

総務省の「家計調査」で都道府県別消費支出の内訳を見ると、東京と田舎では1割も変わらないのが実情です。水道代や灯油代、ガソリン代などは田舎の方が増えます。 田舎暮らしで減らせるのは食費くらいですが、家で食べる派なのか、外食派なのかによって変わってきますので、一概には言えません。

●子育て費用
収支に決定的な影響が出るのは子供ができた場合だ。節約術が身についていた場合でも、生活費は1カ月あたり2万円ほど出費が増えると中里さんは指摘する。

内閣府が調べた「インターネットによる子育て費用に関する調査」によると、お子様の誕生から義務教育終了までにかかる費用は、生活費や教育費等をすべて合わせて827万円(教育費等を除いて636万円)。節約している家庭なので多少削れるとしても、生活費として1カ月当たり2万円増えると見ておかないとダメです。
また出産に伴う自己負担額は、自治体による補助や病院により異なりますが、20万円くらいは見ておいたほうがいいですね。
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ