吸う人も吸わない人も快適な空間に 近鉄の新型特急「ひのとり」に喫煙室が導入された理由

2020年3月31日 11:00

2020年4月1日から改正健康増進法が全面施行される。それに伴い、屋内施設や飲食店などでの喫煙は原則禁止になり、鉄道からも「喫煙車両」が姿を消すことになる。

私鉄の有料特急のなかで唯一、座席でタバコが吸える車両を走らせてきた近畿日本鉄道も、2月1日から特急列車の座席禁煙化に舵を切った。

その矢先のことである。近鉄が3月14日にデビューした新型特急「ひのとり」に、喫煙ルームが設置されたのだ。

新型特急「ひのとり」と喫煙ルーム(画像は3月25日に編集部撮影、以下同)
新型特急「ひのとり」と喫煙ルーム(画像は3月25日に編集部撮影、以下同)

愛煙家である筆者にとってはタバコを吸う場所があるだけでも嬉しいが、世間的には「禁煙化が進む世の中の流れに少し逆行しているのでは...」と疑問符がつく選択だろう。いったいなぜ導入したのか。

Jタウンネットの取材に応じた広報担当者によれば、

「(タバコを)吸う・吸わないそれぞれのお客様に配慮した」

からだという。つまり、禁煙・喫煙者の双方が快適に過ごせる空間づくりをしているということだ。

メタリックな赤のボディが特徴的で、「くつろぎのアップデート」をコンセプトとする高級感溢れる「ひのとり」。どれほど喫煙者にとって快適なのだろう。

乗車するしか、確かめる方法はないではないか。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ