神奈川県庁に「東京都下水局」のマンホールがあった 設置の経緯、県も「わからない」

2019年3月 7日 06:00

どういう経緯でココに流れ着いたかは分からない。それだけに感じるある種のロマン――Jタウンネットでは、本来の設置場所を離れたマンホール「越境蓋」の写真を募集するコンテストを開催中だ。さっそく、応募もいただいた。

今回は、筆者が実際に見つけた越境蓋を紹介。神奈川県庁の敷地内にあったマンホールは、なんと東京都下水局のマンホールだった。

神奈川県庁と東京都下水道局のマンホール
神奈川県庁と東京都下水道局のマンホール

謎が謎を呼ぶマンホール

筆者がこの情報を知ったのは、2019年2月中旬のことだ。マンホール蓋観察の火付け役で、「路上の芸術 : マンホールの考察、およびその蓋の鑑賞」の著者としても知られる垣下嘉徳さんから情報提供をいただいた。

「神奈川県庁に東京都のマンホールがあるんですよ」

設置されている様子(提供:垣下嘉徳さん)
設置されている様子(提供:垣下嘉徳さん)

聞いた瞬間から興味がわいた筆者は垣下さんから参考画像を頂戴して2019年2月23日、現地へと向かった。

神奈川県庁本庁舎(19年2月23日、Jタウンネット撮影)
神奈川県庁本庁舎(19年2月23日、Jタウンネット撮影)

1928年に建てられた通称「キングの塔」の重厚感に圧倒される。土曜日だったが、入り口の警備員さんに事情を説明し、敷地内に入った。

いただいた情報によると敷地に入って左のすぐの場所とのこと。目を凝らして地面を探すと――。

神奈川県庁にあった東京都下水道局のマンホール(19年2月23日、Jタウンネット撮影)
神奈川県庁にあった東京都下水道局のマンホール(19年2月23日、Jタウンネット撮影)

垣下さんからいただいた参考写真とも合致。神奈川県庁にある東京都下水道局のマンホールをついに発見した。

ストリートビューで確認するとオレンジで囲った位置 (C)Google
ストリートビューで確認するとオレンジで囲った位置 (C)Google

門が解放されているときの写真で位置を確認すると駐車場へと繋がる入り口からすぐの場所だ。神奈川県庁の職員は、毎日のように東京都のマンホールを踏みつけて歩いているのかもしれない。

しかし、なぜこんな場所に東京都下水道局のマンホールがあるのか。Jタウンネット編集部は2019年2月27日、神奈川県の総務局財産経営部庁舎管理課の担当者に取材した。

そもそもこのマンホールの存在を知っていたのかを聞くと、

「知らなかったです」

とコメント。詳しいことは調べていなかったとのことで、実物を含めて調査をお願い。3月5日に別の担当者から回答があった。

「経緯はわからないです」

職歴の長い県庁職員などに聞き込みを行ったものの、何故この場所にあるのかわからなかったそうだ。また、マンホールを付け替える予定はあるか聞いたが、「現在、検討中」とのことだった。

そこにある理由がわからない――だからこそロマンを感じる不思議なマンホールだった。

越境蓋コンテスト、開催中!

Jタウンネットでは現在、「越境蓋コンテスト」を開催中です。読者の皆様から投稿をいただいた越境蓋は、すべて記事で紹介する予定です。

投稿はメール(toko@j-town.net)で、発見した越境蓋の写真と撮影場所、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別を明記してお送りください。――みなさん、ご協力お願いします!

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報
20190326jtown1.jpg

半年の改築を経て、生まれ変わった城をめぐってみませんか?

20190313touden1.jpg
20190222koshiduka_b.jpg

駅が約100年前の姿を取り戻した! 今こそ遊びに行こう。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ