「リツイート数だけお釈迦様に甘茶をかけます」→3万2551RT 壮大すぎる住職の挑戦、その結果は...

2020年4月10日 11:00

賢明なる読者の皆様は、4月8日は、いったい何の日かご存じだろうか?

忠犬ハチ公の日、しわ対策の日、指圧の日、タイヤの日など、いろいろあるようだが......。「お釈迦様の誕生を祝う花まつりの日」でもあるという。

そんな2020年4月8日、次のようなツイートが投稿され、いま話題となっている。

投稿者は、福岡県北九州市の永明寺住職・松崎智海さん。4月8日は、潅仏会や仏生会、浴仏会などとも呼ばれる、釈迦の降誕を祝して行う法会を行う日だ。

仏教の寺院では、花御堂を設け、堂の中に水盤を置き、釈迦の立像を中央に安置して、甘茶を注いでお参りする(関西では月遅れの5月8日に行われるらしい)。

投稿には「こんな状況なので参加できない方も多くおられると思います」とあるが、永明寺のある福岡県北九州市は、緊急事態宣言が発令された指定区域内にある。そこで松崎住職は、「このツイートのリツイート数だけ住職が代わりにお釈迦様に甘茶をかけます」と宣言した。期限は4月8日正午まで。

すると多くのユーザーが続々と反応して、8日正午までに、リツイート数はとうとう3万2551回に達してしまった。つまり松崎住職は3万2551回、お釈迦様に甘茶をかけなくてはならないことになったのである。

潅仏会がスタートしたのは、8日14時から。いったいどんな潅仏会になったのだろう?

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ