ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

働かずに国から毎年350万円をもらえる、夢のような方法があるらしい

長谷川オルタ

長谷川オルタ

2016.07.04 17:00
画像はイメージです(Nick Aresさん撮影、Flickrより)
Money

造幣局の博物館で、夢のある進路指導をしていた――こんなツイートが2016年5月13日に投稿され、話題になっている。

日本には文化勲章というものがあるのはご存知だろうか。技術や芸術など、文化の発展や向上へめざましい功績を残した人へ送られる日本の勲章の事だ。この勲章を獲得すれば、毎年の年金として毎年350万が支給される――と、見学に来た中学生たちに説明していたのだとか。ちなみに年金がもらえるのは正確には、文化勲章に次ぐ栄誉として知られる「文化功労者」。歴代の受賞者は宮﨑駿さんや王貞治さんなど「超」が付く大物ぞろいで、なかなか手の届く話ではないが、とても夢のある話だ。この館員さんはまだ将来が定まってない中学生の諸君にその事実を教え、文化に貢献することのメリットを示し、未来の文化功労者が生まれるかもしれない進路指導をしたようだ。このテの道はとても険しいかもしれないが、子どもたちには文化を発展させていく無限の可能性がある。新しい時代を作るのは老人ではなく、常に若者なのだ。いずれにせよ、ウィットに富んだうまい説明である。

このツイートには、こんな反響が。

ちなみに文化勲章よりも文化功労者に選ばれる人数の方が多いようだ。どちらにせよ難易度はとても高いが。(ライター:長谷川オルタ)

PAGETOP