ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

「平成の空気」が閉じ込められてる...! 初めてなのに懐かしすぎる「さん・あぴお」を探索してみた

大山 雄也

大山 雄也

2022.07.18 20:00

平成という時代も今や懐かしむ対象となり、巷では「平成レトロ」という言葉まで聞こえてくる。

そんな令和4(2022)年、茨城・土浦市にある商業施設「さん・あぴお」がツイッター上で注目を集めた。

さん・あぴお(2022年6月30日、Jタウンネット撮影=以下同)
さん・あぴお(2022年6月30日、Jタウンネット撮影=以下同)

常磐道の土浦北インターチェンジからほど近い場所にある「さん・あぴお」がオープンしたのは、平成5(1993)年4月。2023年には開業から30年の節目を迎えるこの施設が突如として注目されるきっかけとなったのは、その「平成感」。店内の光景に、ツイッター上でこんな声があがっているのだ。

「『平成っぽさ』という古さが浮き上がって見えるほどに年月を重ねたんだなあ」
「ここが平成の生き残り...?」
「ノスタルジーに押し潰されて泣きそう」

現地の空気は、いったいどんなものなのか。平成6 (1994)年生まれの筆者としては気になって仕方がない。

そこで2022年6月30日、施設を運営する新治商業協同組合に許可を取り、さん・あぴおを訪問。「平成レトロ」な雰囲気を味わってきた。

初めて来たはずなのに見覚えがある!
続きを読む
PAGETOP