ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
マンガ

「急な出張で乗った年末の新幹線。何とか席を確保したのに、知らない家族のせいで立ち続けるハメに」(大阪府・50代男性)

井上 祐亮

井上 祐亮

2021.06.17 07:00

なんと、娘の父親が......

新幹線が数駅ほど通過したころ、子どもが出口の方をキョロキョロ見だしました。

老婦人が「どうしたの?」と聞くと

「パパが座れたか心配なの」

よくよく見ると、出口に近いところで、パパらしき人がこの娘に手を振っているのが見えました。

老婦人は「パパが座れててよかったね」と言っていましたが、私は釈然としない思いになりました。

なぜなら、私がこの母娘に席を譲って立っているにもかかわらず、彼女らのパパは悠然と後方の席に座っていたからです。

思わず、膝に娘を乗せた母親を無言で睨んでしまいました。

出口付近の席からパパが娘に手を振っていた...(画像はイメージ)
出口付近の席からパパが娘に手を振っていた...(画像はイメージ)

そこから目的地まではハラワタが煮えくりかえる思いで立ち続け、降車の際に母親と父親に嫌味の一言でも言ってやろうかとも考えましたが、グッと我慢しました。

降車時に母親からは御礼も言われず、老婦人は申し訳なさそうな顔で私の顔を見ていました。

いまだに新幹線に乗るとこの出来事を思い出し、あの非常識な家族にやはり一言、嫌味でも言っておくべきだったかと後悔......。

こんなことを何十年も思っている私は、やはり心が狭いのでしょうか?

「のりもの」で出会った「迷惑な隣の席の人」いませんか?

新幹線や電車などの公共交通機関に乗車した時、イラっと、モヤっとしたことがある人はいるだろうか。そんな体験談をJタウンネットでは募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、具体的なエピソード(どんなことにイラッとしたのかなど、500文字程度~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

PAGETOP