「『流石に』テイクアウト始めました」 たった3文字で伝わる苦悩...飲食店の看板に反響

2020年5月13日 11:00

大好きなあのお店に行きたいけれど、店内で食べるのはちょっと不安。そもそも、外出も控えているし...。

そんな私たちに美味しい食事を提供してくれる飲食店のテイクアウトやデリバリーサービス。自粛生活の心強い味方だ。しかし、普段店内での提供しか行っていない店にとって、準備を整えることは大仕事なのかもしれない。

横浜市鶴見区の「バル エビータ」は、エビ料理をメインにラクレットチーズを使ったメニューや肉料理を提供する創作バル。この店が設置した立て看板がツイッターで注目を集めている。

「流石に」から何かが伝わってくる...(エイトさんのツイートより)
「流石に」から何かが伝わってくる...(エイトさんのツイートより)

看板いっぱいに貼られた「流石にテイクアウト始めました」の文字。2020年5月11日、ツイッターユーザーのエイト(@e8888i8888to)さんが写真を投稿すると、

「流石にを付けるだけでこんなに感情が存在することを感じられるとは」
「きつそうな感じが滲み出てて一緒に乗り越えたいと思った 買ってあげたくなる1文だ...」
「流石に応援したくなります」

などの反響が。「流石に」の3文字に感情を揺さぶられたユーザーが多いようだ。

Jタウンネット編集部は12日、同店に「流石に」に込められた思いを聞いた。

本当は出来立てを食べてもらいたい

「バル エビータ」の店長・藤原薫さんは、「お店で出来立てで食べていただくっていうのが崩したくないっていう思いが最後までありました」と語る。しかし、4月7日に緊急事態宣言が発出されると、「この状況が長引きそうだ」と考え、店舗の時短営業と並行してテイクアウトも始めることを決めたという。

「このご時世なので、流石に(テイクアウトを)やらないと...となりまして。
常連さんもほとんどがテレワークで、でも『ここのお料理が食べたい』ってなられて、お客さんにも食べてもらうために始めようかな、と」

店の人気メニューの中には、テイクアウトに向かないものもある。

例えば、生のエビの刺し身や、冷めると固くなってしまうラクレットチーズを使った料理だ。テイクアウト用に、持ち帰ってもおいしく楽しめるようにメニューを組み立てるなど準備を進め、販売に至ったのが4月の最終週。5種類の弁当が用意された。

「出来立てを食べてもらいたい」という思いは変わらず、時間はかかるが作り置きせず、注文が入ってからひとつひとつ作っているそうだ。

刺身とラクレットチーズの料理はテイクアウトできないが、他のメニューは店に相談すればテイクアウトできる場合もあるという。立て看板が話題になったことについては、

「ツイッターに載っているっていうのは常連さんから連絡いただいて、驚きました。あげていただいたエイトさんには本当に感謝です」

と藤原さんは話していた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ