本当にここに手を入れるの...?  子どもが怯えるカニに触れるプール、水族館に設置の経緯を聞いた

2019年11月26日 21:00

たくさんの水中の生き物に出会える水族館。子どもたちが大好きな場所のひとつだろう。

しかし、ある日の「アクアワールド茨城県大洗水族館」(茨城県東茨城郡)では、子どもの「やだー!!!」という声が聞こえたという。

こちらは、ツイッターユーザー・都尾琉(@miyaoryuu)さんが2019年11月23日に投稿したツイート。子どもが何かを拒否する叫びを耳にし、そちらを見ると海の生き物と触れ合える水槽「タッチングプール」が設置されていた。

中にいるのは4匹の大きなタカアシガニ。甲羅は20センチ程度、脚を伸ばすと150センチほどになるらしい。怖がる子供がいるのも納得できる。

しかも水槽の上には「あしはとれやすいのでさわらないでね」と注意書きがあり、ちょっと不穏だ。

都尾琉さんのツイートより
都尾琉さんのツイートより

ツイートを見た人からは、

「これは子供触れないわ」
「色が毒毒しいから子供さんはひくかもしれない、、、」
「足が取れやすいのなら触りたくないですよね。優しいお子さんですね」

といった子どもの目線に立ったコメントや、「美味しそう」「食べたい」というカニの味をすっかり覚えた大人の反応が寄せられている。

「触れ合いたい!」と思う人が多いとは思えないタカアシガニのタッチングプール、なぜ設置されているのだろうか。

Jタウンネット編集部はアクアワールド茨城県大洗水族館を取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ