「中古マンション買ったら、上階がピアノ教室!? 完全に騙された...」(山梨県・30代女性)

2015年7月23日 06:00

引っ越すときには、隣近所にトラブルの種はないものか、慎重に確認するのが普通だ。

中古マンションを購入した山梨県のRさん(30代女性・主婦)も、前の持ち主にこの点をしっかり確認した、はずだった。ところがそこには、まさかの嘘が......。

「大丈夫大丈夫、たまに30分くらい弾くだけだから」

中古のマンションを購入し、引っ越してきました。

大きい買い物ですから、いろいろと下調べもし、もちろん部屋の内見も念入りにさせてもらいました。その際、前の住人である売り主の方に、

「周りの部屋の方に、特に困った人はいませんよね?」

と聞いてみたところ、

「ああ、そういえば上の階の人はピアノをちょっと弾きますね。でも大丈夫大丈夫、毎日でもありませんし、せいぜい1日30分程度ですから。常識の範囲内ですよ」

との回答。まあ、それなら――ということで契約は成立、無事に引っ越してきました。

画像はイメージです(racheocityさん撮影、Flickrより)
#15 :: 01/16/10 :: Pinar on the piano

寝室の真上にグランドピアノが!

ところが引っ越し当日から、上の階から盛大なピアノの音が!

なんと調べてみると、上の階の方はこの部屋でピアノ教室(当然禁止されています)を開いているというのです。もちろんピアノも、大型のグランドピアノ。一応防音などはしているのでしょうが、そんなものでどうこうなるレベルではありません。しかも、置いてあるのはよりによって我が家の寝室の真上!

主人が出かけても居留守を使われ...

なんとかしてもらおうと主人が訪ねて行ったのですが、何回インターホンを鳴らしても居留守を使われ、会うことさえできません。困り果てていたある日、知り合いになったばかりのお隣さんにその話をしたところ、

「ああ、あそこ。前の住人さんも騒音でもめちゃって、結局出ていっちゃったんですよね。知らなかったんですか?」

知りません。完全に騙されました。

前の住人への怒りはもちろんながら、とにかく今は目の前(耳の前?)の騒音をなんとかすることが先決です。主人が何度も何度も居留守を使われながらも通いつめ、ようやく上階の住人を捕まえることに成功、我が家への音漏れの酷さを確認してもらい、防音設備を強化してもらうことになりました。数百万円はかかるとのことで、向こうは相当不満そうでしたが、私たちは折れませんでした。その代わり、本来ご法度の教室を開いている件は、目をつぶってあげることに......。

面倒な目に遭いましたが、なんとか静かな暮らしを手に入れられて一安心です。主人がいてよかった。

あなたの「ご近所トラブル」投稿、募集します

Jタウンネットでは、あなたや周囲の人が遭遇した「ご近所トラブル」体験談を募集しています。 寄稿フォームないしはメール(toko@j-town.net)で、具体的なエピソード(500字前後~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。
なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ