<東京暮らし(8)>地域に根付いた「子ども食堂」

2019年2月 3日 11:00

年が明けて間もない2019年1月8日付の東京新聞朝刊を読んでいたら、近所の子ども食堂の記事が目にとまった。

全国の子ども食堂の数は、18年4月の段階で、現法政大学教授で社会活動家の湯浅誠さんが実施した調査では、2300にも上るという。先駆けとなったのが、大田区の近藤博子さんが始めた、この「気まぐれ八百屋だんだん こども食堂」だ。

東急池上線、蓮沼駅近くにある「気まぐれ八百屋 だんだん」。子ども食堂は基本的に毎週木曜開催。
東急池上線、蓮沼駅近くにある「気まぐれ八百屋 だんだん」。子ども食堂は基本的に毎週木曜開催。

近藤さんが「だんだん こども食堂」を始めたのは12年。そこからたった5、6年の間に全国津々浦々で、自然発生的に2000を超す子ども食堂が作られてきたのはすごいことだ。

そんな子ども食堂を最初に始めた近藤さんの話を聞きたくなった。今の食堂の様子を知りたくなった。たまたま、私の住んでいる場所からもほど近いので、早速取材させてもらうことにした。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ