ゆるキャラの著作権が危ない!? ふじ君問題で露呈した「契約ゆるすぎ」問題

2014年6月13日 14:01

山梨県警察は、富士山をモチーフにした顔に警察官の制服姿をした「ふじ君」を、24年ほど前からマスコットとして使用している。市民の間でもすっかり定着した感のあるキャラクターだが、地元の男性デザイナーから「私の著作権を侵害している」として使用中止と損害賠償の訴えを起こされている。

山梨県警察ふじくん安全安心マップのウェブサイト
山梨県警察ふじくん安全安心マップのウェブサイト

県警がデザイナーから訴えられたのには訳がある。ふじ君は1986年に開催された「かいじ国体」開催時に生まれたマスコット「ふじくん」がベースになっており、そのデザインを手がけたのが男性デザイナーだったからだ。県警の言い分は「ふじくんの原案を出した人=原作者の了解は得ている」というもの。男性デザイナーは作品を仕上げたにすぎないという見解だ。

原作者は一般公募の中から選ばれた人で、原告はその審査員だったというからさらにややこしい。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ