これはカン?それともカンカン? 「缶」の呼び方をまとめたグラフが納得感あると話題に

2020年8月11日 11:00

突然だが皆さんは、「カン」と「カンカン」の境界線を考えたことはあるだろうか。

たとえば、筆者の祖母は薬や手紙などを、貰い物の洋菓子が入っていた「カンカン」に入れている。

「そこのカンカン取って」と言われれば、だいたいそれのことだ。しかし、祖母は缶詰のカンのことは「カンカン」とは呼ばない。いったいその差は何なのか......。

そんな疑問が少しは解決できるかもしれない表がツイッターで話題になっている。

(画像はアマニタ・パンセリナ@_dekopondekoponさん提供、編集部で一部加工)
(画像はアマニタ・パンセリナ@_dekopondekoponさん提供、編集部で一部加工)

これはアマニタ・パンセリナ(@_dekopondekopon)さんが2020年8月5日、ツイッターに投稿したもの。

画像の右側にいけばいくほど「カン」と呼ばれやすく、左にいけばいくほど「カンカン」と呼ばれやすい...ということらしい。

「『カン』と呼ばれやすい」とされているのは、サバ缶や保湿クリームの入っているニベア缶など。麻雀の鳴きの一種である「カン」もあるが、これは作者のユーモアと考えていいだろう。

真ん中あたりには、コーヒー缶。それから、ディズニーのおみやげの缶が並んでいる。イメージとしては、クランチチョコレートが入っていて、周りにキャラクターが描かれているあれだろうか...?

そして「カンカン」に近づいていくにあたり、一斗缶、パンダのカンカン(これもユーモアだろう)...とくる。そして、表の中で最も「カンカン」と呼ばれやすいものは、

「おばあちゃん家にある和菓子が入っているやつ」

となっている。

パンダのカンカンより、おばちゃん家にある和菓子が入っているやつの方が「カンカン」と呼ばれやすいとは......。だが、確かにおばあちゃん家にあるあれは「カンカン」以外、なんと呼ぶのか分からない。

この表にツイッターでは、「すっげぇわかる」「わかりやすくまとめてあって最高です」といった声が出た一方で、「一斗缶は『ガンガン』と言うなあ」「関西人に言わせたら、全てカンカンになります」といった反応も。

そのほか、ほかの「カン」や「カンカン」を例に出して、

「サクマ式ドロップもカンじゃね?」
「愛は勝つの人がいませんよッ?!」
「浅田飴も入れてあげて」
「踏切は?」

などと反応するユーザーも現れ、ちょっとした大喜利のような状態になっている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ