「平家物語」暗唱でコロナ対策 意外と効果的?手洗いライフハックに注目

2020年3月 3日 17:00

新型コロナウイルスの感染が拡大し、その勢いは止まりそうにない。ドラッグストアの店頭からは、マスクがすっかり消えてしまった。たまに入荷されても、あっという間に売り切れてしまうのが現状だ。

とはいえ、いま感染防止のために重要なのは、マスクよりも、まず手洗いだと言われている。

ウイルスは手をとおして、目や鼻や口に侵入するらしい。そこで時間をかけて、入念に、手を洗う方がいい。その後、消毒用アルコールで滅菌するのが効果的だという。

2020年3月2日、次のようなツイートが投稿され、話題となっている。

なんと20秒手洗いは、「平家物語」の冒頭部分を暗唱するといい、との説だ。「ゆっくり暗唱でだいたい20秒です(個人差があります)」とも......。

意外と効果的...?(画像はイメージ)
意外と効果的...?(画像はイメージ)

このライフハックを投稿したのは、ツイッターユーザーの「平 資盛」(@sukemori_t)さんだ。

実在の平資盛は、平安時代末期の平家一門の武将。平清盛の嫡男・平重盛の次男で、新三位中将とも称された。和歌に優れ「新勅撰和歌集」「風雅和歌集」に名を残す文人でもある。

Jタウンネット編集部がツイート引用の許可をお願いすると、「平家物語普及のためにもよろしくお願いします」という返事が来た。

ただツイート文中に訂正したい箇所があるそうで、「奢れる人も久からず」という部分は、「驕れる人も久からず」だという。「奢ってあげたいのはやまやまなれど」ということで、「驕れる人」どころか謙虚なお人柄が偲ばれた。

このツイートには3万件を超える「いいね」が付けられ、今も拡散中である(3月3日夕現在)。

「令和の世では、手洗い法師が平家物語を口ずさむ...」

平資盛像(伝狩野元信筆、赤間神宮所蔵、Wikimedia Commonsより)
平資盛像(伝狩野元信筆、赤間神宮所蔵、Wikimedia Commonsより)

冒頭のツイートには、さまざまな声が寄せられている。

「平家物語、いいですね」
「18秒でした。ただし、おそらく高確率で『しゃらそーじゅの、あっ、、さらしょーじゅの、、あぁーっ!』ってなるので20秒超えは間違いない」
「沙羅双樹で噛んで30秒弱」
「手洗いのたびに暗唱、素敵ですね。 まさに、生活の中の古典です」
「令和の世では、手洗い法師が平家物語を口ずさむ...」

実際に、手洗いしながら「平家物語」を暗唱してみた人はけっこう多かったようだ。20秒以内で暗唱できる人は少なかったかもしれない。

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。驕れる人も久からず、ただ春の夜の夢のごとし。猛き者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵におなじ」

手をしっかり洗うのが目的なら、20秒にこだわらず、もっと長くてもいい、と言う人もいた。

手を洗いながら、「般若心経」を唱えるというのもなかなかシュールかもしれない。60秒くらいかかるそうだ。これなら新型コロナウイルスも洗い落とせるだろう。

どうせやるなら楽しくやりたいよね、という人もいるようで、落語「寿限無」で手を洗ってはどうかと......。

これも、オチが良さそうだ。

どうか、お好きな方法で、しっかり手を洗っていただきたいものだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ