宇都宮駅前の餃子像を3Dプリンターで再現した最中があるらしい

2014年12月19日 20:30

「ギョーザの街」として有名な宇都宮だが、そのシンボルともいえる餃子像をご存じだろうか。Jタウンネットでも過去に取り上げたことがある(参照:宇都宮駅の餃子像、移転! どこにあったの?)。

この餃子像はタレントの山田邦子さんのスケッチ画をもとにデザインされ、同市特産の大矢石を使った石像。あたかもビーナスが餃子の皮に包まれたような像だが、2014年10月、JR宇都宮駅2階デッキに移転された。

この移転をきっかけに、宇都宮餃子会監修のもと誕生したのが「餃子像もなか」だ。開発したのは宇都宮市の和菓子店・枡金(マスキン)。石像を実測し、3Dプリンターによって忠実に再現した皮で、北海道産小豆を使用したあんをはさんだという。

餃子像もなか(画像提供:枡金)
餃子像もなか(画像提供:枡金)

画像を見てわかる通り、かなりの再現度の高さだ。さすが今話題の3Dプリンター。 同市内の枡金各店、駅ビルパセオなどで販売されている。1個150円、6個入り税込950円。 インターネット通販サイト「あるよ」でも購入できる。

餃子像もなか6個入り(画像提供:枡金)
餃子像もなか6個入り(画像提供:枡金)
栃木県 最新記事
2018/9/22

手を使ってする仕事や作業のこと、またそれによって生み出されたモノを指して「手しごと」といいます。家族の衣服を作ることが重要な家事の一つであった頃、お針仕事...

2018/9/21

ご近所さんから「うるさい!」とクレームが来たけど、心当りはまったくない。今回、ご紹介する投稿は、とあるマンションでの珍事件。クレームを入れてきた人も思わず...

2018/9/21

九州への旅は、新幹線やフェリーなどいろいろあるが、スピードの点ではやはり飛行機が便利だ。LCC(格安航空会社)による国内旅行もポピュラーになってきたため、...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

全国50の宿が集ったフードバトル!優勝は...!?

おいり

カラフルに盛られたトッピングの正体は......

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ