手描き看板の実演販売って何...? 職人の超絶テクを堪能できる「表札ライブ」に行ってみた

2019年11月 4日 08:00

最近の流行りは「昭和レトロ」

さっそく筆者のプレートも作ってもらおう。まずはプレートのサイズ・色を選ぶ。赤、こげ茶、アイボリーなど様々なカラーがある。サイズはL、M、S、XSサイズの4択。今回は「えんじ」のSサイズにした。

プレートを選んだら、注文書にデザインを描いていく。文字だけでなく、簡単なものであれば絵も描いてもらえるようだ。デザインが決まれば色や字体を指定するところだが、ここがなかなか悩むところだ。金澤さんによれば、最近は「昭和レトロ」風が人気だそうで、

「アルファベット表札全盛時代が過ぎ、昭和レトロ風表札・看板がメインになりつつあります。昭和レトロがアルファベット表札のテリトリーを脅かしております」

と話す。外国人のお客にも「昭和レトロ」は人気だ。

左はプレートのカラー。右が注文書だ
左はプレートのカラー。右が注文書だ

挿絵の参考もある
挿絵の参考もある

注文書を書いてもすぐに作ってもらえるとは限らない。先客の注文がある時は予定時間が告げられ、他で時間を潰して後で受け取りに来る、もしくは後日配送となる。受け取り時刻より少し早めに来ることで、実演を見ることができるというわけだ。

文字数を見ながら作成
文字数を見ながら作成

金澤さんは注文書のデザインを何度も見ながらプレートを制作していく。テープで文字の大きさを決め、細筆にペンキをつけて描く。下書きは一切せず、まさに一発勝負だ。

細かい所もお手の物
細かい所もお手の物

筆者が指定したのは「あなたの街の情報サイト Jタウンネット編集部」。文字数ちょっと多すぎたかも...そんな不安をよそに、金澤さんはテープをうまく使ってすらすらと描いていく。

待つことおよそ40分――ついにJタウンネットのプレートが完成した。

これはすごい...。字画の多い漢字もあったが、潰れているところが全くない。文字のバランスも良いし、何よりかわいい。裏にはマグネットを付けてもらった。

完成!
完成!

「文字数多くなかったですか?」と聞くと、金澤さんは「これくらいがちょうどいい」。さすがプロだ。

価格はアルファベット表札Sサイズ2000円、Mサイズ2500円、Lサイズ3000円のほか、作りたいプレートの種類によって変動する。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ