荷物置くなら「網棚」?「床」?→日本人の多数派はこっちだ!

2015年8月21日 06:00

電車内で天井と座席の間に設置されている網棚は、国内を走る鉄道車両のほとんどに設置されているが、不要論を唱える人が最近増えている。

「忘れ物を増やす元凶だ」
「汚れのついた荷物を自分の頭上に載せられるのは不快」
「車両の振動で荷物が落ちてきたらどうするの」
「身長が低いので網棚に荷物が載せられない」

札幌の地下鉄は開業時からずっと網棚が設けられていない。乗車時間が短いことと、忘れ物防止のためといわれている。
他都市の地下鉄や大手私鉄、JRに乗ってみると、車内に網棚が設置されていても利用する人が明らかに減っていて、代わって床に置く人が増えている。

あなたは網棚に置く派か、それとも床に置く派か――。Jタウンネットでは2015年6月11日から8月17日にかけて、「電車内で立っているとき、手に持ちきれない荷物は床に置く?網棚に置く?」というテーマでアンケートを実施し、全国の読者493名に投票いただいた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ