消毒液の品薄受け「77度スピリッツ」製造 粋な対応で話題の菊水酒造、社長の思いを聞いた

2020年4月 8日 20:00

純米大吟醸「四万十川」や純米吟醸「龍馬」など銘酒で名高い菊水酒造(高知県安芸市)が、アルコール度数77度の高濃度スピリッツ「アルコール77」の製造を開始し、話題になっている。

「アルコール77」の原材料は醸造アルコール、度数は77度。希望小売価格は、1200円(消費税別)。この価格には酒税385円が含まれている。つまり、あくまでもお酒である。焼酎や泡盛よりも強い、ヨーロッパのアブサン、中国の高粱酒と同等か、それ以上のアルコール度数だ。

ただし、次のような但し書きが付けられている。

「当商品は消毒用アルコールと同等のアルコール分を含んでおりますが、消毒や除菌を目的に製造されたものではありません」

いったいこれはどういうことだろう?

Jタウンネット編集部は2020年4月8日、菊水酒造株式会社の春田和城社長に取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ