嵐電・観音電車の「千手中吊り」に思わぬ注目 「ホラー」「怖い」の声に、担当者の反応は...

2019年7月 7日 20:00
嵐電・観音電車の中吊り広告(画像提供:京福電鉄、以下同)
嵐電・観音電車の中吊り広告(画像提供:京福電鉄、以下同)

「電車に乗ったら、天井から手が何本も伸びていた......」「ホラー映画みたい」「こんなん子供泣くわ」などと、いま京都の人々をザワつかせていることがあるらしい。

夜、嵐電(らんでん)に乗った人が、薄暗い車内でこの光景を見て、肝を冷やしたという噂も......。鬼でも現れたのか、はたまた妖怪の仕業か?

上の写真は、嵐電と呼ばれる京福電鉄嵐山本線と北野線を走る電車の車内だ。天井から下がっているのは、中吊り広告だ。鬼や妖怪などとはとんでもない。京都市右京区にある仁和寺(にんなじ)の、ありがたい千手観音菩薩像の手の画像がデザインされているのだ。いったいこれは、どういうことなのだろう?

Jタウンネット編集部は、京都に電話して詳しい話を聞いてみた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ