「リツイート数だけお釈迦様に甘茶をかけます」→3万2551RT 壮大すぎる住職の挑戦、その結果は...

2020年4月10日 11:00

1600回を超えて...「ひしゃくが重い!」

あなたの代わりにRT数分だけ永明寺住職が甘茶をかけます(以下、すべて永明寺のYouTubeより)
あなたの代わりにRT数分だけ永明寺住職が甘茶をかけます(以下、すべて永明寺のYouTubeより)

緊急事態宣言の対象地域内、福岡県北九州市にある永明寺で、花まつりの日に参加できない人の代わりに、松崎住職が甘茶をかけ始めた。その様子は、YouTube動画で中継された。

最初は、花まつり、潅仏会の意義について、やさしく解説するようなトークを交えながら、まったりとスタートした。軽妙な語りと、ひしゃくで甘茶をかける動作と、iPadで回数をカウントするという、1人3役で、なかなかペースが上がらない。途中で、住職夫人がカウント役に入ることになった。

town20200410105059.jpg

松崎住職の目的は、「花まつりとは何か? 多くの方々に知らせたい」ということだという。お釈迦様の誕生を祝う、こんな行事があることを広く知っていただきたい、と考えたからだ。

甘茶をかけるのは、釈迦の誕生の様子を再現しているそうだ。

「お釈迦様が誕生した時に、天上から甘露の雨が降り注いだと言われています。甘露の代わりが甘茶というわけです。甘露の雨というのは飲むと不老長寿になると言われています」

松崎住職のトークはおもしろくて、わかりやすいのだが......、甘茶かけのピッチはなかなか上がっていかない。

town20200410105116.jpg

「お釈迦様は誕生されるやいなや、7歩歩いて、『天上天下唯我独尊』とおっしゃったそうです」と松崎住職。

「どんな人も尊い目的を果たす為に人間に生まれてきたのだと、すべての人は平等である」

......という意味らしい。

お釈迦様のありがたいお言葉を解説しながら、甘茶をかけ続ける。ところがカウント数が1600を超える頃に、「ひしゃくが重い!」という言葉が、松崎住職の口からもれた。アクシデント発生か? 前途多難である。

「一人ではペースアップは難しい。中継動画をご覧の方で、どなたか有志がいらしたら、手伝っていただけるとありがたい」という言葉も出た。しかし、まだ笑顔だから、大丈夫だろう。

town20200410105135.jpg

応援に現れたのは、北九州市の近隣にある最勝寺の八代副住職だった。永明寺と同じ浄土真宗本願寺派のお寺から、駆け付けてくれたようだ。

八代さんはご自慢の美声でお経を読み、松崎住職を励ます。

その後、二人でひしゃく2本を持ち、ピッチを上げて、甘茶をかける。この強力な援軍のおかげで、カウント回数は着々と増えていった。カウンターを押す手が追い付かないこともあるほどだ。カウント役は、住職夫人から高校生の息子さんに代わっている。高校も休校中だから、「ま、いいか」と参加してくれたようだ。

town20200410105153.jpg

22時過ぎ、2万回を数えたところで、8日の潅仏会はいったん中断された。翌9日の14時から、再開されることになった。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ