「かんぽの宿」トップクラスの料理人が東京に集結! 7時間にわたる戦いをレポート

2018年8月31日 12:00
提供元:かんぽの宿

日本郵政の宿泊事業部が主催する「かんぽの宿 料理コンテスト 第8回グルメアワード」の全国大会が開催された。調理技術の向上と、宿泊客に満足してもらえるオリジナル料理の開発が目的で、2018年は全国50宿が8つのブロックに分かれ、「冬の八寸」のテーマに沿った一皿づくりに挑戦した。

記念写真
記念写真

18年8月22日夕方、グルメアワード受賞者への表彰式が行われた。全国50宿の頂点となる「金賞」には、かんぽの宿勝浦(千葉県勝浦市)の「冬の六種盛り八寸」が輝き、料理人の江澤正芳さんが、審査委員長の服部幸應さん(学校法人服部学園 服部栄養専門学校 理事長・校長)からトロフィーを受け取った。

その日の午前、料理人たちは都内のキッチンに集まっていた。服部審査委員長に加え、各ブロック大会でも審査を行った料理研究家・栄養士の浜田陽子さん、「キッチンまわり評論家」で「科学する料理研究家」でもあるさわけんさんの審査委員3人を前に、緊張した面持ちの料理人たち。これから8つの宿が2つのブロックに分かれ、60分の制限時間内で調理を行う。

全国から集結した、8人の料理人による戦い。JタウンネットK編集長は、7時間にわたるその舞台裏を見てきた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ