ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

プロ野球「日本海オセアンリーグ」に「千葉の新球団」参入決定 なぜ太平洋側から?リーグ事務局長が語る「狙い」

大山 雄也

大山 雄也

2022.11.01 20:00

2022年に発足したばかりのプロ野球独立リーグ「日本海オセアンリーグ」に大きな動きがあった。

10月31日、同リーグを運営するNOLエンターテイメント(横浜市西区)が、所属チーム「福井ネクサスエレファンツ」の活動終了、そして、千葉県を本拠地とする新球団設立の決定を発表したのだ。

日本海オセアンリーグ(画像は日本海オセアンリーグ@NOL_indyballのツイートより)
日本海オセアンリーグ(画像は日本海オセアンリーグ@NOL_indyballのツイートより)

設立時の日本海オセアンリーグに参加していたのは、その名の通り日本海に面する県の「富山GRNサンダーバーズ」「石川ミリオンスターズ」「福井ネクサスエレファンツ」と、大洋建設(本社=神奈川県)などを中心とするオセアングループが球団経営に携わる「滋賀GOブラックス」の計4チーム。

そこから、業績低迷のため福井が抜け、千葉が仲間入りする――ツイッター上では、新球団設立に戸惑いの声もあがっている。

「訳分からん 太平洋の県入ったら日本海名乗る意味なくない?」
「日本海リーグに千葉球団...」
「千葉だけ飛び地で参戦するってことですか?」

同リーグは公式ウェブサイト上の「リーグ運営者情報」のページで、発足のきっかけについて「オセアングループが滋賀県の球団経営に携わることになり、グループ総力をあげて今シーズを戦う中で、選手に対する考え方や地域の根付き方の関東との違いを実感し、本リーグ設立に踏み切りました」(原文ママ)とも説明しているが......一体なぜ、千葉なのか。

Jタウンネット記者は11月1日、同リーグの事務局を取材した。

千葉球団がもたらす希望とは
続きを読む
PAGETOP