ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

「のどに飴を詰まらせ、どんどん紫色になっていく息子の顔。一度は助かったと思ったのに、その後...」(静岡県・年齢不明女性)

井上 慧果

井上 慧果

2021.12.07 11:00

女性は息子の背後にまわり...

女性は、息子の背後にまわって再びみぞおちを圧迫。必死にやってくれました。

すると飴が出たのです。今度は口の中ではなく、外に転がりました。

大きな大きな声で泣き、息を大きく吸い込んだ息子の顔は一気に血色をとりもどしました。

「ありがとうございます!!」

泣いてお礼を言う私に、彼女が「よかった」と一言笑ってくれたのを今でもはっきり覚えています。

同時に救急車も到着して......。振り返ったときあの女性はもういなくなっていました。

息子は今高校でハンドボール部に入り元気に過ごしています。

そして息子は言います。僕のこの命は、生かされた命だから、僕は消防士になるよと。

あの方にお礼が伝わりますように。

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」、聞かせて!

Jタウンネットでは、読者の皆様の「『ありがとう』と伝えたいエピソード」を募集している。

読者投稿フォーム公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、「いつ、どこで出会った人に、何について感謝を伝えたいのか(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度~)」を、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

PAGETOP