ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
マンガ

ウニを愛しすぎて「ウニのカシパン祭り」を開催した飼育員は語る 「時代がやっとウニに追いついた」

大久保 歩

大久保 歩

2021.12.06 08:00
「好きなことを仕事にするのは正しいか」。

記者が就活生だった頃、インターネットの一部の界隈では日々、この論争がくり広げられていた。好きなことだからこそ努力できるし結果にも繋がる。いや、好きなことを仕事にすると好きでなくなってしまう......。

前者を支持していた記者は、当時から好きだった「書くこと」を仕事にして今に至るわけだが――「好きなことを仕事にするのは正しいか」。この問いに明確な答えは出せないでいた。

そんなある日のことだ。「それ」に出会ったのは......。

今、ツイッターで話題の、静岡県沼津市の水族館「あわしまマリンパーク」にある「ウニ」の展示である。飼育員の狂気的なまでの愛を感じるともっぱらの評判だ。

まず目に入るのは、ウニの水槽の真上に太字で書かれた「深海のウニを愛でる」の文字。

他にも、ウニが展示されているスペースには、解説とともに数々のパワーワードが並ぶポスターが貼られている。

たとえば、こんなふうに。

狂気的なまでの愛
死んだウニが好き。ってなかなか言えない。
私の好きな物は『ウニ』です。(中略)水族館スタッフとしてはそれどうなの?と言われそうなのですが私が好きなのは『ウニの骨格』です。生きてるやつじゃない方、死んでるやつです。
自分の好きな物を会社を巻き込んで、皆さんに推す。ウニのカシパン祭りを開催します!」

中には、「スマホの代わりにウニを見るという提案。」「#イッヌ #ネッコ #ウッニ」など、もはや何を伝えたいのかいまいち掴めないものも。

犬、猫に並んでウニ...?

とにかく、ウニへの狂おしいまでの愛はひしひしと感じる。死んだウニが好きだという「私」はいったい、何者なのか。

2021年12月1日、Jタウンネット記者はあわしまマリンパークを取材した。

「ウニコンサルタント」のお仕事
続きを読む
PAGETOP