ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

「日本のミケランジェロ」は新潟にいた 超絶技巧の彫物師・石川雲蝶の傑作に注目集まる

松葉 純一

松葉 純一

2021.09.08 21:00
西福寺「道元禅師猛虎調伏の図」天井彫刻(画像提供:魚沼市観光協会)
西福寺「道元禅師猛虎調伏の図」天井彫刻(画像提供:魚沼市観光協会)

新潟県の魚沼市と聞くと、「魚沼産コシヒカリ」を思い浮かべ、「食べ物が美味しいところなのだろうな」と想像してしまう、読者の皆さん(筆者も同じです)。

この魚沼市に、「日本のミケランジェロ」と呼ばれる鬼才が残した彫刻や絵画があることを、ご存じだろうか。

江戸時代末期から明治初期に活躍した彫物師・石川雲蝶の超絶技工の傑作が、いまネット上で注目を集めている。

ツイッターではこんな声が寄せられている。

「本物を生で見たくなりました」
「惚れ惚れしちゃぅ位美しいネェー」
「雲蝶のごとき天下の鬼才を見れば、自ずと我が京の三十三間堂の千手観世音、天部神像を作った在りし日の仏師の妙技も脳裏に想像して楽しき事限りなし」
「こんな人がいたんですね。 これでもか!と彫ってあって、余程彫るのが好きだったのかと思ってしまいました」

多くの人を感動させた石川雲蝶の作品について、Jタウンネット記者は魚沼市観光協会に詳しい話を聞いてみた。

天井一面に施された仏の世界
続きを読む
PAGETOP