ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

クマ駆除に「なぜ麻酔銃を使わない?」と言う人へ その理由を説明した漫画が「勉強になる」と話題に

井上 慧果

井上 慧果

2020.10.23 17:00

人里にクマが出没したというニュースが、連日のように報じられている。

毎年のことではあるが、2020年はそんな報道を目にする回数が特に多いように感じる。

10月19日、石川県加賀市のショッピングセンターにクマが立てこもったという衝撃的なニュースも記憶に新しいのではないだろうか。

このショッピングセンターに出現したクマは、最初の通報からおよそ13時間後に、猟友会によって駆除された。こういった報道の際、しばしば見受けられるのが「麻酔銃で眠らせて捕獲すればよかったのに」といった意見だ。

今回、ショッピングセンターに現れたクマに対しても、ツイッターでは

「殺さない方法はなかったのかな。仕方ないのかもしれないけど、かわいそう」
「保護してほしかった...」
「麻酔銃で眠らせて山奥にってわけにはいかないのかな?」

といったコメントが寄せられていた。

確かに、麻酔銃で眠らせて保護をすればいいのでは......と感じてしまうが、どうやらそう簡単なものでもないらしい。

麻酔銃の「理想と現実」を説明した漫画が、話題となっている。

これは、「青なんとかさんと赤西さん」シリーズで知られる漫画家のねんまつたろう(@KITASAN1231)さんが、10月20日にツイッターに投稿した作品だ。

そこには、ねんまつたろうさんが自身で調べてまとめたという麻酔銃の理想と現実が描かれている。

たとえば、こんなふうにだ。

射程距離は...(画像はねんまつたろう@KITASAN1231さんより提供)
射程距離は...(画像はねんまつたろう@KITASAN1231さんより提供)

向かって右側が麻酔銃の理想、左側が現実となっている。

まず、理想としては

「遠くから安全に狙って撃てる(100~200メートル)」

とある。だが実際には

「射程距離は約10~15メートル 連射はできない」

ということらしい。

もちろん射程距離は麻酔銃の種類によって変わるようだが、遠くから安全に、簡単にクマを眠らせることはできないようだ......。

周辺住民を危険にさらすリスクも
続きを読む
PAGETOP